患者にとっては医師と同じ

患者にとっては医師と同じ

私は救急車で運ばれたことがあります。心配でしたら看護師転職 美容外科 大阪←ここから確認

 

その日は祝日で、どこの病院もなかなか受け付けてくれませんでした。どうすればいいかわからない場合は看護師 給料にご相談ください。

 

その中で、私がその頃通っていた消化器系の専門病院が、うちの患者さんならということで引き受けてくれました。

 

私はいきなり倒れ、全身が痺れて呼吸も苦しいといった状態だったのですが、原因が何か自分でもわかりません。
診察室にいらしたのは休日専門のお医者さんのようで、若く、色々質問されましたがどうしてよいのかわからない、といった感じでした。

 

傍にいた看護師さんは何も口出ししませんでしたが、後で夫に聞いたところに依ると、廊下で夫に
「極度の脱水症状です。点滴を3本くらい打ちますが、それでダメなら他の救急病院へ移って下さい」
と言ったそうで、私はかなり重症だったようです。

 

やっとお医者さんが「点滴しましょうか」と言い、看護師さんが点滴をしてくれました。
1本目の点滴が終わった時、お医者さんは「もう大丈夫ですか?」と私に聞きましたが、看護師さんが
「先生、この患者さん、1本じゃ足りませんよ」
と言ってくれ、もう1つ大容量の点滴を打ってくれました。

 

すると、途中から私の目が開き、また、口の中が潤ってきたのを感じました。詳細は看護師転職 美容皮膚科ならこちら

 

あの看護師さんがいなかったら、私は家に帰され、また倒れていたでしょう。
そのまま死んでいたかもしれません。
あの看護師さんは私の命の恩人だと思って、感謝しています。

 

やはり、経験がものを言います。
看護師さんだって、医師と同じくらい医療と病人についてはプロです。